top of page

妻と“二人三脚”で挑む共同運営。“補完”で唯一無二のサロンを



ナレッジビレッジ

フリーランス美容師向けMAGAZINE



美容師歴18年目
フリーランス美容師歴1年目。
現在は、ヘアメイクアーティストの
奥さまと二人三脚で運営中。
「自分のお店を持つ」を目標に、
シェアサロン『サロンビレッジ』にて奮闘している。

サロンビレッジ表参道店 楠田元成さん



きっかけは、ママカットを卒業し、高校生でのサロンデビュー

──楠田さんが美容師を志した

きっかけを教えてください。


恥ずかしながら、一番のきっかけは、

中高生時代に「お洒落だしモテそう」

だと感じたからです。

また、母が美容師だったこともあり、

自分にとって

身近な職業だったのだと思います。

中学卒業まで、母が髪を切ってくれたのは、

いい思い出です(笑)。


高校生になったタイミングで、

ようやく美容室デビューを果たしたのですが、

また違った感動を覚えました。

「やっぱり、美容師ってかっこいいなあ」

って。


髪型一つで印象って変わりますし、

ワックスでスタイリングを

作り込むのも至福でした。

自分が美容師になり、

この感動をお客さんにも堪能してもらいたいな

と思い、美容師の道を歩むことにしました。


「出る杭は打たれる」を痛感。苦しかった、アシスタント時代

──離職率が高いと言われている、

美容師業界。

憧れで入ったとのことですが、

「辞めたい」と思った瞬間は

ありませんでしたか?


もちろん、ありました。

これまで4店舗経験してきましたが、

特に1、2店舗目では

地獄を味わったと言っても

過言ではありません。


僕は地方出身で、東京で働くことに

憧れを抱いていました。

また、若気の至りもあったのでしょう。

「有名な美容師になって、雑誌に出たい」

「人気敏腕スタイリストになりたい」。

こんな野望を抱えて上京しましたが、

そんな自分を受け入れてはくれませんでした。

「出る杭は打たれる」を、

ことごとく体験したのです。

苦しい、アシスタント時代でした。


自分の理想を叶えるためには、

自分を受け入れてくれる環境を探そう

そんな想いから、業界トップクラスを誇る、

とあるサロンにて転職を果たします。


もちろん、そこでの修行は大変でしたが、

これまで感じることができなかった

「前進」や「達成感」を味わえるように。

基本の“あいさつ”や”接客”、

そして肝心な、“技術面”まで。

美容師が欠かせないすべての技術を、

一から教わりました。

言葉を選ばずに言うならば、

生意気だった自分を、更生してくれた10年間

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


フリーランスになったからこそ、出会えた“価値観”

──サロンで美容師をやり続ける

選択肢もあったと思いますが、

フリーランスに転身した

きっかけは何でしたか?


一番は、自分の力や限界を

試してみたかったからです。

将来、自分のお店を持ちたかったので、

独立してゼロからはじめたい

考えていました。


──長年、正社員として美容師を

されていましたが、

フリーランスになって

学んだことはありますか?


色々あるのですが、まず衝撃を受けたのは、

「尖ったスキルを持った人が、

こんなにもいるのかあ」でしたね。


フリーランスになって気づいたのですが、

「髪質改善」「ショート・ボブ」など、

自分の強みを探し、その専門家として

活動している人が多かったんです。

サロン勤めの時は、

「オールマイティーな美容師」

が重宝されていたので、衝撃でしたね。


僕も専門家を目指そうと

思ったこともありましたが、

あえて好奇心旺盛な性格を活かすことに専念

いろんな技術を身につけ、

幅広いお客さまに喜んでもらう方向性が、

しっくり来ています。

しかし、「いろんな考え方があっていいんだ」

と思えたのは、大きな収穫でした。

これまでの凝り固まった価値観が、

溶けていった瞬間でした。


細部に宿るこだわり。僕たちがサロンビレッジに来た理由

──活動の拠点を、

シェアサロン『サロンビレッジ』

にしたきっかけを教えてください。


楠田さんのお部屋


決め手は以下になります。

・スタイリッシュな雰囲気
・駅チカ(徒歩5分前後)
・施術だけに集中できる
・運営陣の誠実な対応

もう、一目惚れでした(笑)。

他のシェアサロンも見たのですが、

気づけばサロンビレッジの世界観に釘付け

になってしまいましたね。

また、外装・内装だけではなく、

細部に宿る“こだわり”を感じました。


駅から徒歩5分前後で

着ける点もありがたいですし、

清掃を任せるので、僕たちは

“施術”に没頭できるんですよね。


さらに、“運営陣の誠実さ”にも脱帽です。

困ったことがあれば、

LINEなどで直接相談ができます。

常日頃、僕たちメンバーからの意見を、

吸い上げてくださっています。

「サロンビレッジをより良くしたい」

という想いが、ひしひしと伝わりますね。


──奥さまと二人三脚で運営されていますが、

“二人だからこそ”の魅力を教えてください。


一番は「補完し合えること」です。

僕はスタイリスト、

妻はヘアメイクアーティスト

として活動しています。

専門性は違えど親和性が高いので、

自然と“高め合える関係性”でいられています。


また、

僕にはない魅力を、妻が持っているので、

いつも助かっています。

妻がいることで、

お店がポッと温かくなったり、

空気が変わるんです。

お互いの魅力を活かしながら

補完し合えることは、

二人運営だからこその魅力だと思います。


サロンビレッジに来て得られた「オーナー視点」

──最後に、サロンビレッジに

興味を持っているビューティシャンに向けて、

メッセージをお願いします。


ちょっと無責任に思われるかもしれませんが、

まずは飛び込んでみてほしい

何か問題が起きたら、手を動かしながら、

一つひとつ解決すればいいんです。

僕はそうして、乗り越えてきました。


そして、

飛び込んでみないと見えない世界

があります。

将来、僕は「自分のお店を持ちたい」

という野望があります。

そのためには、まずは「お店を持つ体験」

が必要だと思い、

フリーランスになりました。

実際にサロンビレッジに来て

がらっと変わったことは、

「オーナー視点」を持てたこと。


・目標の売上額に到達するために必要な、
 客単価・集客の最低ラインは?
・従業員を雇うのに、いくらかかる?
・お店を持つために、予算はいくら必要?

など、

考えなければいけないことが山積みです。

だけど、今はとても充実感でいっぱいです。

少しでも、「将来、自分のお店を持ちたい」

「独立して、自分の力を試したい」

と思っているのであれば、

ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?


 

サロンビレッジ事業本部より


ご閲覧いただきまして

誠にありがとうございます。


サロンビレッジは

全てのビューティシャンの

働き方をより良くなりますよう

シェアサロンという形で

運営に励んでおります。


少しでもご興味ありましたら

お気軽にお問い合わせ下さいませ。


お問い合わせはこちら

LINEお友達登録から

お気軽にお問合せください。


<ご利用希望者専用:お問合せ先URL>



また、「独立に役立つ豆知識」を

公式LINE@登録者さま限定に配信中です。

お見逃しのないよう、

ぜひご登録くださいませ。















Comments


bottom of page